お酒を飲み続けると、どうして太るのか

99a3f2ff2f6eddac7dc1750201f27503_s

お酒を飲み続けると、大抵太ります。
これには複数の要因が関係してくるからです。

それではお酒を飲むと太ってしまうメカニズムを、一つずつ見ていきましょう

広告

① アルコールは、「レプチン」という食欲抑制ホルモンの働きを低下させる

アルコールには、食欲を抑制するホルモンである「レプチン」を減少させる作用があります。レプチンとは脂肪細胞から分泌されるホルモンで、視床下部にある満腹中枢に作用して、食欲を抑える作用があるのですが、飲酒量が多い人では、レプチンの濃度が低下する傾向が見られます。

お酒を飲んで食欲旺盛になるのは、これが原因です。
たくさんお酒を飲んで、たくさんつまみを食べて、そして〆にラーメンまでお腹に収まってしまう理由が、これですね。お酒を飲むと太るというのは、こういった事情もあるわけです。

   


それでは、昔自分が飲み歩いていた頃、一晩に一体どれくらいのカロリーを摂取していたのかを試算してみました。

ちなみに年代別の基礎代謝量(何もしなくても消費するエネルギー量)と、1日に必要な平均的なカロリーは、以下の通りです。

【基礎代謝量/1日に必要なカロリー】

女性
18歳~29歳・・・1180Kcal/1950kcal
30歳~49歳・・・1140Kcal/2000kcal
50歳~69歳・・・1100Kcal/1900kcal

男性
18歳~29歳・・・1520Kcal/2650kcal
30歳~49歳・・・1500Kcal/2650kcal
50歳~69歳・・・1380Kcal/2450kcal

さて、ある金曜日の夜、ストレスが溜まった私は、がっつり飲むことにしました。

  


一軒目は居酒屋です。

生ビール中ジョッキ 210kcal×4杯 = 840kcal
ハイボール 102kcal×2杯 = 204kcal

枝豆(110kcal)
鶏肉のから揚げ(400kcal)
やきとり(465kcal)
しめ鯖(175kcal)

一軒目合計:2,194kcal



もう一軒居酒屋を梯子しましょう。

生ビール中ジョッキ 210kcal×2杯 = 420kcal
焼酎ロック 252kcal×2合 =504kcal

フライドポテト(252kcal)
だし巻玉子(150kcal)
ほっけ(230kcal)

二軒目合計:1,556kcal



そして〆はラーメンです。

とんこつラーメン = 496kcal

締めて総合計は、4,246kaclとなります。

でもこれは夕食分だけですので、例えば昼食にかつ丼を食べていた場合は、かつ丼(975kcal)がプラスとなり、トータルで5,221kcalとなります。

実に一日に必要なカロリーの倍となってしまいます

    


(※アルコールのエンプティ・カロリーについては諸説あるため、今回は計算に入れていません)

② アルコールは脂肪の代謝を抑制する

また残念なことに、アルコールには脂肪の代謝を抑制する働きがあります。
つまりお酒を飲むと体脂肪が減りにくくなります。

アルコ-ルが肝臓で酸化される時、体内で起こることは:

1. 中性脂肪の合成が増加

2. 脂肪酸の酸化とクエン酸回路の活性が抑制され、結果として中性脂肪がエネルギーとして消費されにくくなる

ということで、脂肪が燃焼されにくくなって太ります。
キビシイ現実ですね。

          

③ アルコールは筋肉の成長を阻害し、基礎代謝量を低下させる

筋肉を成長させて大きくするホルモンに、「テストステロン」というものがあります。これはいわゆる男性ホルモンなのですが、アルコールを飲むとテストステロンの分泌量が下がってしまうのです。

またアルコールを飲むと、「コルチゾール」という副腎ホルモンの分泌量が増えますが、このコルチゾールには筋肉を分解する働きがあります。

つまり、筋肉を大きくする物質が減り、筋肉を分解する物質が増えることで、身体の基礎代謝量が落ち、脂肪が燃焼しにくくなってしまうのです。
大量に飲酒した場合、タンパク質を合成する力が40%以上も低下するというデータもあるらしいので、飲み過ぎれば身体に大きな影響が出ると考えられます。

            

④ その結果、体内で何が起きるか

そしてこのアルコールと食べ物による、過剰なカロリーの摂取及び、代謝の悪化によって引き起こされるのが、「脂肪肝」です。

肝臓では脂肪酸から中性脂肪をつくり、肝細胞の中に溜め、エネルギー元として必要とされる分を放出しています。しかし使うエネルギーよりも、つくられた中性脂肪のほうが多いと、肝細胞にどんどんたまっていきます。このように中性脂肪が蓄積し、全肝細胞の30%以上が脂肪化している状態を「脂肪肝」と言います

そして脂肪肝は、「脂肪肝 ⇒ 脂肪性肝炎 ⇒ 肝硬変 ⇒ 肝がん」へと進行する危険性があります。

          

それでは次に、脂肪性肝炎についても見てみましょう。

脂肪肝炎にはアルコール性と非アルコール性の2種類があり、両者とも進行すると肝硬変や肝臓癌に至ります。

アルコール性肝炎とは、その名の通り常習的に飲酒をしている人が、大量飲酒をした後に発症します。そして非アルコール性脂肪性肝炎は、過食・運動不足・肥満・糖尿病・脂質異常症などに伴う脂肪肝を背景として発症します。

上記のような飲食の仕方をしていると肥満になりますし、お酒を飲むと運動ができないため、運動不足にもなります。それらの条件が揃うと、糖尿病や脂質異常症になるリスクも高まりますし、そしてもちろんアルコール性肝炎をも発症する可能性が高くなるわけです。

アルコール性肝炎の症状としては、多くの場合、食欲不振・だるさ・発熱などがみられます。肝臓は沈黙の臓器と言われているように、痛みを出さない臓器ですが、アルコール性肝炎の時は肝臓が張れとともに右上腹部に痛みが出現し、黄疸も見られ、尿の色が紅茶色になります。ひどくなると腹水とむくみも出現します。

ちなみに女性のほうが少ない飲酒量で、男性よりアルコール性肝障害を起こりやすいと考えられています。
一度アルコール性肝炎を発症した人は、飲酒により繰り返しアルコール性肝炎となり、やがて肝硬変へと進行していきます。


以上のようにお酒をたくさん飲み続けると、単に太るだけではなく、やがて身体に深刻な事態を招いてしまいます。

この現実から目を逸らすことなく、お酒に依存した生活から脱却することが必要ですね。

         


(出典:「保険指導リソースガイド」厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015年)の概要」e-ヘルスネット「加齢とエネルギー代謝」日本栄養士会「アルコール、嗜好飲料について」ビタミネ「不飽和脂肪酸の酸化」gooヘルスケア「くえんさん-クエン酸」肉体改造研究所「お酒(アルコール)と筋トレの関係」肝機能ナビ「しってる? 関連疾患」e-ヘルスネット「アルコール性肝炎と非アルコール脂肪性肝炎」

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『お酒を飲み続けると、どうして太るのか』へのコメント

  1. 名前:太郎 投稿日:2016/10/16(日) 19:28:53 ID:3d6fd4855 返信

    現在、糖質制限ダイエットをしている者です
    糖質制限に詳しい医師の本で
    お酒でも糖質0なら問題ないと書いてあったので
    糖質0のお酒のみを選んで飲むようになったところ
    順調に落ちていた体重が、ほとんど減らなくなってしまいました
    当然、食事制限自体は継続したままです
    これは何かがおかしいと思って
    調べていく中で、ここのブログに辿り着きました
    要は、アルコール自体が駄目ってことなんですね
    今日を境に、きっぱり禁酒いたします
    参考になりました

    • 名前:Ken 投稿日:2016/12/08(木) 15:21:18 ID:35632ee3e 返信

      太郎さん、こんにちは。
      お返事が大変遅くなり、失礼しました。
      当方うつ症状が悪化し、現在更新をストップしている状態です。

      糖質ゼロでも、人工甘味料が入った飲料ですと、膵臓が砂糖と人工甘味料の区別がつかず、同量のインシュリンを発生させてしまうそうです。
      つまりカロリーゼロの人工甘味料を含んだ食品を摂取すると、砂糖を含んだ食品と同様に太ってしまうそうなんです。
      怖いですよね~

  2. 名前:ヌッコローチ 投稿日:2017/03/01(水) 11:18:07 ID:bd6e618b0 返信

    全く記事に同感で、如何に糖質が名目上”0″であってもAlchol自体が減量には悪なのです。
     私も酒は減らしてしかも毎朝走るand週1GYM通いをしてても、酒を頻繁に飲む生活をしているうちは体脂肪率が全く減りませんでした。それからというもの、家で飲むのは食事の後1時間後(Whiskeyお湯割り0.3合くらい)または飲まない、という風にして体脂肪率14%以下まで下げました。

     酒との付き合いMethodを変えるだけで嬉しいくらいどんどんお腹が凹みます!

    • 名前:Ken 投稿日:2017/03/02(木) 14:06:46 ID:4aa789eda 返信

      ヌッコローチさん

      こんにちは。
      毎朝走ってらっしゃるんですね。素晴らしいですね。
      自分もせめて毎朝ウォーキングしようと思っているのですが、体調が悪かったりでさぼってばっかりです。

      体脂肪率14%ですか・・・羨ましい。
      自分がかつて会社勤めしていた頃の体脂肪率と同じです。
      今では自宅でパソコンで仕事(投資活動)を行うだけなので、増えた体重がなかなか減りません。
      普段から、食べたいものを食べることでストレス解消を図っているので、痩せるわけないんですけど。。

      そして結局、痩せるためのサプリを摂取しだしました。
      結果は4ヵ月後ぐらいに判明する予定ですが、正直あまり自信ないですね(笑)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です