カフェや喫茶店での「自分の居場所」のつくり方

f5c53f383a3bee3c1cd5e696109e3968_s

今日はカフェや喫茶店での「自分の居場所」のつくり方について書いていきます。

自分の経験上ですが、酒をやめて暫くすると、飲み友達とはだんだん疎遠になっていきます。
全ての飲み友達を失うわけではないですが、全ての飲み友達が残るわけでもありません。

そしてそれは自然なことだと思います。
自分が酒を飲んでいた頃を思い出してみても、「どうせなら自分と同じくらい飲む人と、一緒に飲みに行きたいな」と思っていましたから。
次第に飲み会等に誘われる回数が、少なくなってくると思います。

  


当初自分は、「失った飲み友達の数だけ、新たに『酒が介在しない友人・知人』をつくりたい!『酒をやめたら孤独になりました』だったら、結局自分の人生が酒に敗北したままのような気がするから」とかなり気合を入れていたのですが、よくよく考えてみると、飲み友達の過半数は、「お互いに酔っぱらって無理やりにでも話題を見つけないと、話が続かない間柄」でした。

そういった、「酒が介在しないと、どうにも関係が続かない」人たちの数を除外すると、本当に必要とする友人や仲間の数というのは、けっして多くは無い(自分の場合はですが)、ということに気がついたので、「飲み友を20人失ったら、カフェ友を20人補填しよう」という考え方は妥当ではないと思うに至りました。

そもそも本当に強い人とは、人と群れずに孤独を楽しめる人のことだと思います。

     


しかし自分は弱い人間なので、どこかしらに自分の居場所が欲しいですし、一定数の友人・知人が欲しいというのが本音です。

そこで自分は、カフェや喫茶店で新たな友人や仲間をつくりたいと思って、

広告

カフェや喫茶店を廻る活動をしてきました

その中で気づいたことをまとめてみます。

     
先ず大前提として、「大人になったら新たな友人を得るのは難しい」というのは嘘だと思いました。
大人になると大抵の人は、学生時代のような「初めて会う人に自分から話しかけたり、話しかけられて普通に会話したりするのは、自分のプライドが許さない」といったような、斜に構えた、恰好つけた態度をとらなくなりますので、あからさまにナンパのような声の掛け方をしない限り、会話が成立しやすいです。
もし相手が良い歳して、未だにそういう態度をとるような人であった場合は、無理して関わる必要はありません。

さらに今の時代、自分のようなバツがついた独身の人がどんどん増えてきていますので、話し相手を求めている人は、確実に多く存在するはずです。
今の日本を見ると、「3組に1組が離婚する」確率ですが、将来的には間違いなく、アメリカと同じ「2組に1組が離婚する」時代が来ると思っています。

ですから、自分が本気になりさえすれば、カフェや喫茶店で新たな友達や仲間を得ることは「容易」です。

     


自分が今まで活動してきた中で、気付いた点を挙げていこうと思います。

1) 必ずカウンターのある、こじんまりとした店を選ぶ

カウンター席が無い店だと、自分の場合お手上げです(笑)


2) カフェや喫茶店のオーナーやママの方が、自分よりもフレンドリーで、話題も豊富だとは限らない。だから自分から率先して楽しい話題を振っていく

そもそも論ですけど、店の人は何かしらのオペレーションをしながら会話をしたりするわけです。そのため、

① 集中力の全てを会話に振り分けることができず、その分トーク内容のクオリティが下がることがあって当たり前

② 一日中素面で、様々な客のトークに付き合わなければならないので、体力面・精神面でのペース配分をしなくてはならない

以上のことを鑑みると、客である自分の方が、面白くて気の利いたことを言えて当たり前なわけです。

以前は、「自分は客だから、店のオーナーやママから自分に楽しそうな話を振ってくるのが当たり前で、それまでは自分はスマホをいじりながら黙っていよう」と思っていましたが、それは間違いだと気づきました。

「このお客さんはフレンドリーで良い人そうだし、店を良い雰囲気にしてくれる」とオーナーやママに認識してもらえて初めて、他の常連客と話せるように、話題を振ってくれたりもするわけです。
もちろんマスターやママの仕事が忙しそうな時は、こちらも静かにしていますが、そういうところも含めて総合的に見られていると思います。

たかだかコーヒー一杯かそこらで1時間近く居座ったりするわけですから、「俺は客だ」的な顔をしていたら、店の方だって疲れちゃいます。キャバクラやスナックとは違いますからね。
だからこそ「あのお客さんが来たら、店を良い感じに明るくしてくれる」という風に思ってもらうことが大切なんじゃないかと感じました。

3) マスターやママが他の常連客に橋渡し的に話を振ったら、自分からその客に話しかけてみる

これはまさにバスケで言うところの「ノールックパス」を受けた状態ですから、うまく処理したいですね。
マスターやママからすると、常連客同士で話が盛り上がってくれるほうが、オペレーションに集中できるので、さらに自分のことを「良い客」として見てくれると思います。

4) 新たに一人客が来たら、こちらから話題を振ることもできる

マスターやママ、そして他の常連客と話で盛り上がっていると、新たに来店してカウンターに座った一人客も、なんとなく話に加わりたくなると思います。
1人で静かにコーヒーを飲みたいと思っている人は、カウンターではなくテーブル席へ座ると思うので。
同じように「自分の居場所」や「仲間」をつくりたいと思っている可能性もあります。
タイミングを見計らって、こちらからさりげなく話しかけると、一気に食いついてきたりしますので、すぐに仲良くなれます。

  


以上のことを繰り返していくと、昔通っていた行きつけの飲み屋と同様に、「その店に行くと、誰かしら知り合いがいる」ような感じになってきます。
その店に行くと元気がもらえる状況になるので、テンションが上がった状態のまま他の店へ行き、同じように「居場所づくり」をします。

そんな感じで進めていくと、徐々に自分の楽しい居場所を増やしていくことができます。

さらにカフェや喫茶店で友人・知人づくりをしていると、「体質的にお酒が飲めない人」と知り合うケースが増えてきます。
自分にとってこの出会いは大変貴重で、自助会等で出会う「がんばって断酒している仲間」とはまた違った刺激をもらうことができます。

「酒を飲まない(飲めない)生活が当たり前」という人なので、そういう人たちと過ごしていると、「人が生きていく上で、酒って本当に必要ないんだな」という当たり前のことを、改めて認識させてくれます。
そうすると、まるで自分の心が解放されて、癒されていくように感じる瞬間があります。
「パワースポットに行って、精神が浄化された感じ」と言うと大袈裟かもしれませんが、そういう人からは同様に良い「気」が出ているように感じます。

     

中には酒を飲まない代わりに、タバコを吸っていたり、パチンコなどのギャンブルをやっている人も居ますが、それら全てをやっていない人からは、ポジティブな波動が出ているような気がするので、できれば自分はそういう人と今後も知り合っていきたいと思っています。

もちろん自分自身がそうあることが前提ですけどね。

今は日本中どこへ行っても、魅力的なカフェや喫茶店を見つけることができますから、自分の好みの店を何軒か探して、その店ならではの味や雰囲気、そして人間模様を楽しみつつ、健康的に癒されながら日々を過ごしていければ良いなと思っています。

そうしていれば、またいつか良い出会いも巡ってくるかもしれませんし(笑)
とりあえず、常に自分から自然な形で話しかけられるコンディションは維持していこうと思っています。

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『カフェや喫茶店での「自分の居場所」のつくり方』へのコメント

  1. 名前:ぴろりん 投稿日:2016/01/30(土) 19:57:08 ID:eaef6758b 返信

    Kenさん、こんばんは。
    私はまさに
    「店のオーナーやママから自分に楽しそうな話を振ってくるのが当たり前で、それまでは自分はスマホをいじりながら黙っていよう」

    というタイプで、
    「このお客さんはフレンドリーは良い人そうだし、店を良い雰囲気にしてくれる。」
    までは、何回か通えばなんとかできるかもしれません。

    しかし、「ノールックパス」を受けた状態からうまく処理する…。までは出来るかどうか。(笑)
    ま、自分で居場所を積極的に見つけに行く!は大事ですね。
    私も子供と一緒に喫茶店に行くと結構な高頻度で話しかけられます。話題が広がるいいきっかけが、子供なんですよね。
    一人でふらっと行っても話が出来るような居場所を開拓していこう!と思いました。どうもありがとうございます。

    • 名前:Ken 投稿日:2016/01/30(土) 23:40:52 ID:d6e0dd01c 返信

      ぴろりんさん、こんばんは。

      自分は初めて行く店では、大体天気の話を振られたりするのですが、その後の話題はこちらから振った方が、会話がスムーズに続くような気がします。

      >私も子供と一緒に喫茶店に行くと結構な高頻度で話しかけられます。話題が広がるいいきっかけが、子供なんですよね。

      可愛いお子さんなんでしょうね!
      どんどん活躍してもらいたいですね(笑)

      >一人でふらっと行っても話が出来るような居場所を開拓していこう!と思いました。どうもありがとうございます。

      一人の時間もうまく過ごせれば、家族ともさらにうまくやっていけそうですね。
      ちなみに自分が住んでいる地域は、バツ1、バツ2が当たり前と思えるくらい、離婚歴のある人の数が多いです(笑)
      同じ境遇の人と出会うといきなり意気投合したりして、かなり面白かったりするのですが、まあどうしたものかとも思っています。
      もちろんぴろりんさんは、このまま幸せな家庭を維持していって下さい(笑)
      ありがとうございました。

  2. 名前:野の百合 投稿日:2016/01/31(日) 01:00:05 ID:b40078268 返信

    Kenさん、こんばんは。
    人とのコミュニケーションがお得意なんですね。
    うらやましいです。
    今はバツ1なんて、ゴロゴロいますよね。私もそうです。(笑)
    新しい出会いが楽しみですね。
    いいお友だちがたくさんできますように。

    • 名前:Ken 投稿日:2016/01/31(日) 10:24:26 ID:df86b3789 返信

      野の百合さん、おはようございます。

      >人とのコミュニケーションがお得意なんですね。

      とんでもないです。
      不器用ながら、なんとか・・・という感じですね。

      >今はバツ1なんて、ゴロゴロいますよね。私もそうです。(笑)

      居ますよね。頼もしく感じてしまいます(笑)

      >新しい出会いが楽しみですね。
      >いいお友だちがたくさんできますように。

      ありがとうございます。

      実は昨日から引越しでバタバタしているのですが、早速友人から観葉植物が贈られてきて、嬉しいです。
      今日は体力が回復してから、元居たアパートの掃除に向かいます(笑)

  3. 名前:テツ 投稿日:2016/02/01(月) 12:28:26 ID:92df84b0e 返信

    Kenさん、こんにちは。

    また病院を抜け出して(外出許可をもらって(笑))、家に戻ってまいりました。

    『自分の居場所を探す』。今の私が、現実的に悩んでいることです。
    酒とつながりのない友人を増やしたい。私もそう思っています。しかし、なかなかそううまくいかないのが現実であります。

    なので、途中に書かれてあること。
    『そもそも本当に強い人とは、人と群れずに孤独を楽しめる人のことだと思います。』
    私は、こちらを目指そうかと考えています。
    紹介いただいた本(孤独が人を育てる)、是非購入して読んでみようと思います。

    • 名前:Ken 投稿日:2016/02/01(月) 13:12:16 ID:76f040eff 返信

      テツさん、こんにちは。

      2度目の外出許可ですか。順調そうですね。
      もうしばらくの辛抱ですね。

      自分はその本をまだ読んでいないのですが、いつか読みたいと思っています。
      個人的には、友人との付き合い+孤独を楽しむの双方向で行けたら良いなと考えています。

      ちなみにこちらは2日間に亘る、引越し及び掃除+片づけで、疲れが腰にきてしまいました(笑)
      先程ようやく新しいインターネットも開通したので、とりあえず一安心といったところです。
      これから各クレジットカードや、銀行その他の住所変更がありますし、その前に住民票も取りに行かねばなりませんね。
      やっぱり引越しすると、やることが100ぐらい出てきますね~(汗

  4. 名前:スティ 投稿日:2016/02/02(火) 23:58:50 ID:11036cca4 返信

    kenさん
    こんばんは!
    そうですよね。自分から話しかけないといけませんよね。
    なかなか、勇気がなくて出来ていませんが、私も、そろそろ、お酒を飲まないお友達が欲しいなぁと思っていたので、参考にさせて頂きたいと思います(*^^*)
    なんだか、すごく前向きな気持ち、になりました!
    ありがとうございました。

    • 名前:Ken 投稿日:2016/02/03(水) 07:48:22 ID:6817fb8f8 返信

      スティさん、おはようございます。

      女性だと話しかけても警戒されないから、すぐに友人ができると思いますよ!

      お酒を飲まない友人をつくると、楽ですよ~(笑)
      「酒? ああ世の中には酒というものがありますね」という感じなので。
      普通にレストランに食事に行って、2軒目でコーヒーと甘いものを食べてみたいな。
      それでまた徐々に太ってきたので、がんばって痩せます(笑)
      ありがとうございました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です