富士山の噴火に備える

44eb0d043e7aae1f189a9002788c1dd1_s

昨日2016年2月5日に、鹿児島市にある桜島が噴火しました。
噴火は昨年の9月以来とのことで、市危機管理課の担当者や地元住民の方の認識も、「噴火警戒レベルも2から3に『戻っただけ』」と落ち着いています。
過去5年間を見てみても、ほとんどの期間、噴火警戒レベルは「3」でした。

さて、ここで「噴火警戒レベル」とは何かについて見ていきましょう。

funnka

ちょっと見にくいのですが、レベル3とは:

入山規制

□ 火山活動の状況・・・「居住地の近くまで重大な影響を及ぼす(この範囲に入った場合には生命に危険な及ぶ)噴火が発生、あるいは発生されると予想される」

□ 住民等の行動・・・「通常の生活(今後の火山活動の推移に注意。入山規制)。状況に応じて災害時要援護者の避難準備等」

□ 登山者・入山者への対応・・・「登山禁止・入山規制等、危険な地域への立ち入り規制等(状況に応じて立ち入り規制を判断)」

とのことです。

ちなみに本日現在、富士山の「噴火警戒レベル」は「1」となっています。

  


さて、「何故富士山の噴火に備えなければならないのか」ということですが、まずオカルト的(?)な観点から言うと、どうやら聖徳太子が、富士山の爆発を予言していたのではないかという説があります。

聖徳太子は574年に生まれ、622年に49歳で没していますが、知られているように人知を超えた能力を有していました。
一度に10人の話を聞くことができたという逸話は有名ですが、凄まじい予知能力をも持っていたと言われています。

  


彼は25歳の時、日本の命運に関わる予言をしています。
一つ目の予言は、

「私の死後二百年以内に、一人の聖皇がここに都を作る。そこはかつてない壮麗な都になり、戦乱を十回浴びても、それを越えて栄え、千年の間都として栄える。しかし一千年の時が満ちれば、黒龍(黒船)が来るため、都は東に移される」

というものでした。

彼が25歳ということは、647年になるかと思いますが、それから200年以内に完成し、1000年近くの間栄えた都と言えば、桓武天皇によって造られた「鳴くよ(794年)うぐいす平安京」です。
平安京は唐の都であった「長安城」を意識して造られ、現在の京都市の中心部に位置していました。

    


そしてそれからおよそ1000年後の、1853年(嘉永6年)には、マシュー・ペリーが率いる「アメリカ合衆国海軍東インド艦隊」の蒸気船2隻を含む計4隻が、今の神奈川県横須賀市の浦賀に来航しました。
その後明治維新を経て、1869年(明治2年)に、政府が京都から東京に移されました(東京奠都)。

以上、歴史的事実と符合しています。

そしてこちらが、二つ目の予言です。

「それから二百年過ぎた頃、クハンダが来るため、その東の都は親と七人の子供のように分かれるだろう

「クハンダ」とは、仏教用語で「道義と仏法が衰え、乱れた世界に訪れる悪鬼」とのことで、「恐ろしい災い」であるとも言い換えられます。

さて、1869年の200年後というと、普通に考えると2069年になりますが、別の解釈では「クハンダ」が起きる年は、「釈迦が没して2500年後」であると考えられています。釈迦の没年にもいくつかの説が存在しますが、どちらにしても、今年2016年か、遅くとも来年の2017年までには、その「恐ろしい災い」が日本を襲うそうです。

そしてその災いこそが、「富士山の噴火」ではないかと推測されています。

  


なんて言ってたら、もう2017年ですね。
今年噴火しなければセーフ!!

(参考:「桜島噴火、地元住民は冷静 『静かな方が怖い』との声も」「首相官邸」「ハピズム」

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『富士山の噴火に備える』へのコメント

  1. 名前:テツ 投稿日:2016/02/12(金) 13:43:01 ID:aca45a1e1 返信

    Kenさん、こんにちは。
    この記事へのコメント、遅いですがお許しください。

    お体のほうは大丈夫でしょうか。かなり心配しております。
    完璧な鬱はなかなか治りません。焦らずにゆっくりとお過ごしください。

    富士山の噴火、ほんとにいつ起こるかわかりませんよね。今年噴火しても決しておかしくないです。
    富士山の噴火もそうですが、東京は首都直下地震の恐れもあります。2020年に東京でオリンピックが行われますが、私は結構それまでに危険である!と考えております。

    以前は東京一極集中に対する議論がなされてましたが、最近はあまり言われません。
    そもそも、天災の多い関東に首都を置くのがおかしいと私は思うのですが、大型天災にそなえて三権はきちんと場所分けて分立させておいた方がいいと思います。

    勝手な話になってすみません。お体十分にご自愛ください。

    失礼いたします。

    • 名前:Ken 投稿日:2016/02/12(金) 14:18:13 ID:e90f001fb 返信

      テツさん、こんにちは。

      ご心配ありがとうございます。
      とりあえず寝たきりではありませんので、随分とマシな状態ではあります。
      今回は、新薬の選定と薬の飲み合わせで失敗したような気がします。
      でも何かしら定期的に発症するので、諦めの境地ですね。通常運転の範囲内です(笑)

      テツさんをはじめとして、色々と大変な思いをしている方は多いですから、あまり自分も愚痴は言わないようにします(笑)

      首都機能の移転は急いだ方が良いと思いますね。
      せめて、現在中央官庁の1/4ぐらいが移転している「さいたま新都心」の施設の規模を、拡張したほうが良いのではないかとも思います。
      とりあえず津波は来ませんので。
      富士山が爆発したら、それだけでも相当ヤバイらしいのですが、それについてはいつ続編が書けるかわかりません(笑)

      今日も書きかけの日記を間違って公開してしまってましたが、それも2行だけしか書けなかったのでやめました。
      コメントは書けるのですが、恐らく脳の使い方が異なるのかもしれません。

      ・・・そう言えば世の中にバレンタインデーというものがありましたね。
      完全に忘れてました。終わってるな(笑)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です