高倉健さんが経験した、酒の「底つき体験」

141118001-thumbnail2

高倉健さんは非常にストイックな方で、お酒を飲まなかったことでも有名でしたね。
代わりに本当にコーヒーが好きだったそうです。

かつては原宿にあった「ブルドック」という、鉄板お好み焼きの店によく一人で現れては、その店で美味しいと評判の「エスプレッソ」を注文し、常連客とひとしきり話した後、帰っていったそうです。
ちなみにそのブルドックという店は、その後青山に移転してから閉店し、現在は別の場所で、居酒屋として営業しているそうです。
自分も現在、いくつかのカフェや喫茶店に通っていますが、そのエピソードを知って、今後もずっと通い続けようと思いました。

      

健さんは「東映東京撮影所」時代、千葉真一氏などの後輩俳優と一緒に、男の「野郎」と「何かやろう」をもじった「野郎会」というものをつくり、野球をしたり遊びに行ったり、色々なことをしたらしいですが、一緒に食事に行くと、健さんはコーヒーばかりを飲み、後輩には「おい、酒飲めよ」と言って、ビールなどを飲ませていたそうです。

そんな健さんでしたが、元々酒を飲めなかったわけではなく、実は自ら「断酒」したとのことです。
そのきっかけとして、かつて言われていたエピソードに、健さんが明治大学の学生だった頃に起こった事件があります。

中学、高校時代とボクシング部だった健さんは、大学へ行ってもボクシングを続けるかと思いきや、父親の命令で相撲部にマネージャーとして入らされます
しかし依然ボクシングが好きな健さんは、ボクシング部の連中とも交友を持つようになりました。
そしてある時ボクシング部の部員たちと飲みに行った際に、酔った部員が不祥事を起こし、それをきっかけに酒に対する認識を改めて、酒を断つようになったということでした。  

        

でも、何だか腑に落ちないような気がします。
何があったかは知りませんが、他人の不祥事を見ただけで、本当にそれが自ら酒をやめるきっかけとなり得るものでしょうか。

モヤモヤと考えていたら、健さんの没後に、梅宮辰夫氏が「健さんが酒をやめた真のきっかけ」を明かしました。それは、

「酒に酔った健さんが、タクシー運転手を殴ってしまったことがあって、それをきっかけに酒をやめた」

というものでした。

いつ起こした事件かわかりませんが、それなら十分「酒をやめるきっかけ」になりそうですね。
特に健さんのような有名俳優の立場からしてみると、十分に酒の「底つき体験」と言えるものではないでしょうか。
今の時代であれば、即芸能活動自粛に繋がるものですから。

       

自分は世の中に聖人君子みたいな人はいないと考えていますが、健さんもまた「人」だったと感じさせるエピソードだと思います。
そのエピソードを知って、自分は健さんにより親しみを持つようになりました。

映画の中で、健さんは酒を飲んだとしても、静かに、ほんの少し嗜む程度しか飲みません。
絶対に酔う程には飲みませんし、死んでも泥酔してゲロを吐いたりはしません。

日本侠客伝シリーズを見てもそうですが、悪党が出てくるシーンでこそ、大体皆酒を飲んでいますし、しかも小者ほど酔って醜態を晒しています。
酒とは堕落の象徴であり、また小者が「束の間の虚勢を張るために飲むもの」という描き方です。

       

主要なキャラクターはそれとは対照的に、酒の力には一切頼らず、バッタバッタと敵を切り捨てていきます。

「酒に頼らず、やるときゃ素面でビッとやる。それが男だ」

というメッセージが伝わってくるような気がします。

切り込みをする前に、酒で勢いをつけるなんてシーンは皆無です。
そのような時に酒の力を借りるのは、ヤワな男だけなのでしょう。

もちろん自分は飲んでいようとなかろうと、切り込みなんてできませんけど(笑)

正直、禁酒や断酒にこれほどうってつけの映画は無いと思っています。
見ていて、「酒なんて飲んでる場合じゃねえな」という気になってきます。

自分は今後も健さんの映画を見続けていきます。
「男気」と「美しい日本の文化」そして「酒に頼らない精神」の三つを学べる、素晴らしい映画だと思えるからです・・・

       

しか~し! 何にでも例外があるように、健さんの映画の中にも、強烈に飲酒欲求を刺激する作品があります。

それが、「駅(STATION)」です。

ちなみに自分が大好きな、北海道についての壮大なルポルタージュである、渡辺一史著「北の無人駅から」(2011年)の中にも、「駅(STATION)」の舞台となった、留萌(るもい)本線の増毛(ましけ)駅についての章が出てきます。

       

増毛駅は札幌の北の日本海沿いに位置し、札幌からは途中の深川駅まで特急で行ければ、およそ3時間程で着きます。



昭和30年頃までは、ニシン漁で大変栄えた町だったのですが、その後はニシンが全く獲れなくなってしまい、衰退の一途を辿った町です。
その後は「過去の町」となった増毛駅周辺ですが、古くからの町並みが残る、北海道では有数の町として、「北海道遺産」にも選定されています。

img_22

その町に漂う寂寥感と情緒が半端ないため、今までにいくつもの映画が撮影されてきましたが、その中でも最も有名な映画は、やはり高倉健さん主演の「駅 STATION」でしょう。

       

「駅(STATION)」は1981年に製作され、日本アカデミー賞の「最優秀作品賞」、「最優秀主演男優賞」、「最優秀脚本賞」などを総ナメにした作品です。
見ていると、登場人物の様々な想いや情念が、心の中に染み入ってきて、見ている者の心に爪痕を残すような映画です。

すごい映画として言いようがないのですが、結論から言うと、現在「禁酒・断酒」をしている方には、絶対に見ることをお勧めできません。
何故かと言うと、「見ると強烈に飲みたくなる映画だから」です。

例えば映画が始まって程なくして、バックに朗読が流れるのですが、その内容が東京オリンピックの男子マラソンで3位となり、次のベルリンオリンピックでの活躍を有力視されながらも自殺して、自らの生涯を閉じてしまった、円谷幸吉選手の実際の遺書だったりします。

「これは尋常ではない映画なんじゃないだろうか・・・」

と思いながらも見ていくと、ネタバレになるので詳細は省きますが、やはり、それはそれは救いようが無い内容です。
人との別れ、死、人生の不条理さ、残酷さなどに満ちたエピソードが畳み掛けてきます。
「人生飲まなきゃやってらんねえ」という気持ちにさせられます。

       

さらに劇中に出てくる、倍賞千恵子さん経営する居酒屋が、かつて「鄙びた居酒屋&スナックマニア」であった自分ですら「おののく」ほどの、寂れっぷり、鄙びっぷりなのですが、その店で健さんは常に日本酒の熱燗を飲むわけです。
そしてそのシーンが要所要所で何度も繰り返されるので、自分も思わず心の中で「こっちにも熱燗ちょうだい」と言ってしまいそうな程です。
映画を見終わった後でも、その情景がしばらく心の中から消えませんでした。

自分はこの映画を、もう今後一生見ることはないでしょう(笑)
皆さんもこの映画のDVDを、TSUTAYAやGEOの棚で見かけても、絶対にスルーすることをお勧めします。
禁酒・断酒生命を終わらす、ターミネーター級の映画だと思います。
心に染み入るような良い映画だからこそ、強い飲酒欲求も沸いてしまうのでしょうね。
痛し痒しです。

  
では、健さんの映画の中でオススメなものはというと、たくさんあって紹介しきれないのですが、ちょっと毛並みの違う独特な世界観を持つ作品として、昨今再評価されている映画に、「ザ・ヤクザ」(1974年)があります。

この「ザ・ヤクザ」はワーナー・ブラザーズの映画で、脚本家もアメリカ人なのですが、よくアメリカ人にこんなラストシーンが書けたなと思えるほど、日本人もビックリのラストが待っています。

       

ちなみにこの映画の主人公は、ロバート・ミッチャムが演じる「ハリー・キルマー」という人物ですが、かつて酒飲みだったのに、今は酒をやめているという設定になっています。
健さんは、準主演として出ています。

あまり過剰な期待をしないで見ていると、後から良さがじわじわくる作品かなと思います(笑)
微妙さの中にも、光るものがあります。

色々と書いてきましたが、自分の中で高倉健さんは生き続けています。
今後も健さんを見習って、「一日禁酒」に励んでいこうと思っています。

(参考出典:「冷やし中華はじめましたか?」「miyearnZZ Labo」「Asagei plus」「SANSPO.COM」「ちょい鉄おやじの画像保管庫」

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『高倉健さんが経験した、酒の「底つき体験」』へのコメント

  1. 名前:テツ 投稿日:2016/02/07(日) 17:53:07 ID:69035c61a 返信

    Kenさん、こんばんは。

    そうですか。私はてっきり、高倉健さんは下戸だと思っていました。
    酔ってタクシー運転手を殴る。今なら芸能関係に大きく影響しますし、
    被害届が出れば傷害事件にもなってしまいます。
    もはや有名俳優であった高倉健さんにとっては、最高の底つきだったのでしょうね。

    ちなみに・・・
    「駅 STATION」はいい映画でした。でも、私が見たのはアルコール依存症になる
    前だったのでよかったです(笑)

    • 名前:Ken 投稿日:2016/02/07(日) 22:19:30 ID:56de8e6ad 返信

      テツさん、こんばんは。

      「駅 STATION」は胸に来ますね。
      自分は烏丸せつこの役が不憫でなりませんでした(笑)
      彼氏に捨てられたあの子の人生は、食堂の仲居のままで終わるんだなと。
      やるせない気持ちになると、飲みたくなりますね。
      人生は不公平だな~と、考えさせられる映画でした。
      二度と観ませんが(笑)

      「夜叉」とかなら、飲みたくはならないんですけどね。
      でもあの映画には覚せい剤が出てくるんですよね。
      ビートたけしも若かったなあと懐かしく思います。
      よくわからないコメントですいません(笑)

  2. 名前:ケイシ 投稿日:2016/02/08(月) 22:31:28 ID:ff6f32fde 返信

    いつもありがとうございます。
    駅ステーションは心に残る映画です。それともう一つブラックレインも松田優作の遺作になりましたが、
    高倉健さんのような偉大な映画人と
    ハリウッドの看板で癌に犯されていても敢えて共演したいと松田優作が思った素晴らしい映画でした。 松田優作は酒飲みで有名でしたが、癌に犯されていなくて生きられていたなら、健さんの影響で違う人生を歩んだかもしれませんね。 ストイックな健さんは、やはり格好いいです。

    • 名前:Ken 投稿日:2016/02/09(火) 07:31:48 ID:f45320aa1 返信

      ケイシさん、おはようございます。

      「ブラックレイン」懐かしいです。当時映画館で観ました。
      あの映画に出ていた安岡力也も、肝臓が悪化して断酒していたそうですね。
      ゴルフ練習場の2Fから、マイケル・ダグラスを突き落としそうになっているシーンをよく覚えています。
      「よくそんな演出を考えるな(笑)」と思ったものです。
      そう考えたら、健さんを含めて3人の俳優が亡くなっているんですね。

      「駅 STATION」についても、いつか平常心で見れる時が来れば良いと思っていますが(笑)
      ありがとうございました。

  3. 名前:野の百合 投稿日:2016/02/16(火) 11:52:23 ID:82f37ca19 返信

    kenさん、こんにちは
    駅は、映画館で立って見た記憶があります。
    烏丸さんがかわいそうだったなあとしか覚えていなくて、すみません。
    高倉けんさんも断酒されていたんですね。
    失敗しても、 すぐに反省して違う生き方ができるのなら、その後の人生が素晴らしいものに変わるのだと思います。
    ぐずぐず酒を飲み続けると、私のような依存症になるわけです。
    でもまあ。これからの人生を変えればいいわけですから、良しとしましょうか?

    • 名前:Ken 投稿日:2016/02/16(火) 14:03:43 ID:83e800ddd 返信

      野の百合さん、こんにちは。

      立ち見だったんですか。やはり当時は、非常に話題の映画だったのですね。

      >烏丸さんがかわいそうだったなあとしか覚えていなくて、すみません。

      自分も烏丸さんの役は、とても象徴的な役だったと思いました。
      世渡りの上手い彼氏に裏切られて、ずっと一人あの食堂で働き続ける姿を見ていると、人生って不条理だなと思えて、本当に気が滅入りましたね。

      >これからの人生を変えればいいわけですから、良しとしましょうか?

      そうですね。
      ちなみに自分のうつ症状は、まだ治っていないんですけどね(笑)
      今は辛抱の時と考えて、じっと耐え忍んでおります。
      本当に人生、良い方向に進んでほしいですね。

  4. 名前:ぴろりん 投稿日:2016/02/18(木) 09:47:42 ID:556778a33 返信

    Kenさん、こんにちは。
    高倉健さん、Kenさん、どちらもケンさんですね。(笑)
    あまり高倉健さんの映画は詳しくないのですが、「鉄道員」あたりから見てみたいと思います。

    • 名前:Ken 投稿日:2016/02/18(木) 10:00:09 ID:08813b08c 返信

      ぴろりんさん、こんにちは。

      >高倉健さん、Kenさん、どちらもケンさんですね。(笑)

      これはたまたまですね(笑) All Free Loveの時から、名前は適当ですねぇ。。

      >あまり高倉健さんの映画は詳しくないのですが、「鉄道員」あたりから見てみたいと思います。

      確か、可愛かった頃の広末涼子が出ている映画ですね。
      自分も以前見たのですが、何故かストーリーが思い出せないです。
      見たら内容を教えてください(笑)

  5. 名前:tama 投稿日:2016/02/21(日) 22:32:27 ID:4e57fd11c 返信

    kenさんこんばんは、その後体調はいかがですか?
    心配でとうとうコメントしてしまいました(笑

    私は映画は普段からそう見ないのですが
    依存症になってからというもの、辛い系、怖い系は
    見ているうちに疲れがきてしまうので
    いつの間にか映画にも癒しを求めるようになっていました。

    どうせ色々あるのですから、見るものだけは美しいものを見せたいのかもしれません。
    いつかそんなのへっちゃらだ!って思える時がきたら見てみようと思います。

    それにしても・・・心配しすぎのコメントもめんどくさいしれませんが・・(笑
    kenさんの具合が良くなりますようにって毎晩寝る前にお祈りしておきますね☆(念!
    悪寒がしてきたらやめますので言ってください(笑

    • 名前:Ken 投稿日:2016/02/22(月) 08:32:42 ID:8fb02b137 返信

      tamaさん、おはようございます。

      ご心配どうもありがとうございます。
      辛うじて生き永らえております(笑)
      お蔭様で、徐々に体調は回復してきています。

      >私は映画は普段からそう見ないのですが
      >依存症になってからというもの、辛い系、怖い系は
      >見ているうちに疲れがきてしまうので
      >いつの間にか映画にも癒しを求めるようになっていました。

      辛いのと怖いのは現実だけで十分かもしれませんね。
      自分も癒されたいです(笑)
      ちなみに自分に関して言えば、身体が辛いとDVDを借りに行くのも嫌になってくるので、最近は全く見ていないですね。
      でも探すと邦画でも、英語の題名でYoutubeにアップされていたりしますね(笑)

      >kenさんの具合が良くなりますようにって毎晩寝る前にお祈りしておきますね☆(念!

      嬉しいです!
      では自分はtamaさんの新しい仕事と合コンがうまくいくように、お祈りするようにします(笑)

      tamaさんが住んでいるところは、海が綺麗でしょうね。
      思いを馳せていたら、さんぴん茶が飲みたくなってきました(笑)
      いつかまた行けるように、早く回復したいですね。

  6. 名前:tama 投稿日:2016/02/23(火) 17:47:40 ID:9a3d9b0b7 返信

    お待ちしてます!なんだったら療養にいらしてください
    きれいな海につかったり
    パワースポットに浄化されに行くだけでも
    なんだか良くなりそう。
    ついでにシークワーサーも現地調達!

    • 名前:Ken 投稿日:2016/02/23(火) 18:15:32 ID:6e4982a02 返信

      いいですね~
      海開きの後が良いですね。
      自分は本島では、名護にある「ネオパークオキナワ」が大好きなので、滞在中は毎日行こうと思います(笑)
      夜は「焼肉乃我那覇」で、焼肉+野菜+ごはん+さんぴん茶(笑)
      それからシークワーサージュースで口直し。
      あとは「我部祖河食堂」で沖縄そばを食べて、「宮里そば」にも行って・・・
      たのしみだな~(笑)

  7. 名前:tama 投稿日:2016/02/23(火) 18:49:38 ID:9a3d9b0b7 返信

    ネオパーク沖縄!
    今年、何十年ぶりかに行きましたよ。
    あの鉄道のおじさんが嬉しそうに案内をしているのが
    とても印象的でした(笑
    地元民よりkenさんのほうがおいしいところたくさん知ってそうですね!
    療養だって言ってるのに勝手に混ざろうとしていますが
    お気になさらず(笑

    • 名前:Ken 投稿日:2016/02/23(火) 19:08:32 ID:6e4982a02 返信

      おお~タイムリー!
      自分が行った時にはオセアニアのダチョウみたいなのが居て、おっかなびっくりで餌をやったりしていました。
      掌に載せてあげると、ちゃんと餌だけ食べるんですよね。手は噛まずに。
      今の自分の場合は、頭を噛んでもらったほうが良いかもしれませんけど(笑)

      また古宇利大橋を車で渡りたいですね~
      瀬底ビーチも綺麗ですよね。

  8. 名前:いさっち 投稿日:2016/02/23(火) 21:56:52 ID:82e69cdc4 返信

    kenさん

    あちゃー、体調崩してましたか・・・(;_;)
    ブログの更新ないのでほんと心配してました。

    思えば私が初ブログコメした翌日から^_^;
    気になっていました。

    早く良くなってくださいね!

    お大事にです(*^_^*)

    • 名前:Ken 投稿日:2016/02/24(水) 09:54:37 ID:120a1b10a 返信

      いさっちさん、おはようございます。

      そうなんです(笑)
      厄介なことに、ブログが書けない状態になっています。
      コメント返しは問題無くできるのですが・・・病気です(笑)

      ご心配ありがとうございます!
      いさっちさんも、心と身体にはお気をつけください。

  9. 名前:tama 投稿日:2016/02/23(火) 22:05:04 ID:9a3d9b0b7 返信

    これは・・!ダチョウにあたまを噛んでもらおうツアー決定ですね!
    きっとあたまがすっきりすること間違いなし(笑
    瀬底ビーチもいいですね~☆
    きれいな海で泳ぎたい!魚と戯れたい!

    • 名前:Ken 投稿日:2016/02/24(水) 10:04:10 ID:120a1b10a 返信

      いいですね~
      餌を髪の毛にまぶして、柵の中へ・・・(笑)
      入場禁止にされそうです。

      いつかまた瀬底ビーチで潮風に吹かれる日を夢見て、生き永らえたいと思います(笑)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です